歌詞 暁歌水月 己龍

作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
縁取りは重く意識は軽くその手を離す 掌を合わせ偲ぶ涙色の雨流れ流れる… 餞は切り刻んだ僕の欠片此処に残せる痛み 此の命が尽き果てるまで夢を…さぁ、唄いましょう 叫ぶ声を…心が裂け咽び泣く言の葉 別れ日和染まるは仄か笑顔で手を振りましょう 虚ろ移ろい微睡む現透明色の暁 今も僕を焦がし燻り続けている 「何か」が解らない…ただ歩む…夢路を辿る… 苦しみも悲しみも此の声を絞る痛みも喰らい続けて ひたひたと訪れる静寂が怖いのです 此の命が尽き果てるまで夢を…さぁ、唄いましょう 叫ぶ声を…心が裂けて咽び泣く言の葉 別れ日和染まるは仄か笑顔で手を振りましょう 虚ろ移ろい微睡む現透明色の暁 夢に夢見て霞む遥か彼方
暁歌水月 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた