歌詞 いきのこり●ぼくら 青葉市子

作詞
青葉市子
作曲
青葉市子
雨雲の灯りで瞳をつないで ようやく辿り着いた ここは大きな日本家屋 長いトンネルを抜けるまで 怖かったよね ほっとして座り込んだ ひどく汚れた足の裏 怪我してるのか 少し痛いけど どれが僕の血なのかわからないね 大きな山の頂で貴重な生命 身を寄せ合ってあたたかな温度を抱きしめながら 大きな山の麓には死者の国 僕らを見上げては 光の玉 届けて ボストンバッグには3日分の服とあの子の写真 今頃どこかで泣いてるかもね それとも笑ってるかもね 新しい亡骸を峡谷へ落とす 鳥たちがすかさず 啄んで 空高く運んでく 毎日の風景 ずっとつづくね 慣れなきゃ、慣れなきゃ、 いきのこり ぼくら、 いきのこり ぼくら
いきのこり●ぼくら の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る