歌詞 やわらかな午後に遅い朝食を 秦 基博

作詞
秦 基博
作曲
秦 基博
やわらかな午後に 僕は遅い朝食を ひとかけらのパンとコーヒーで 思い描いてた僕は 今ここにはいなくて ただ けだるさ…繭の様にカラダを包んでるんだ この所 崩れがちだった空にも 滅入ってく理由はあるんだけど 何より余りに 僕が変われないでいたこと それに 慣れてた自分が嫌だったんだ テーブルに落ちた午後の陽射しは 手の平でそっと触れると暖かくて 冷めてしまった僕の情熱を温めるには それだけで十分な気がした Ah ふっと息を吐いて コーヒーの中の自分を見るんだ Ah 何かを始めるのに 遅すぎるなんてないよね? やわらかな午後に 僕は遅い朝食を 飲みかけのままのコーヒーは まるで これからも 僕についてまわる様な 臆病な苦い後味を喉の奥に残すけど やがて潤む西の空の向こうに たどり着ける答えがあるかも知れないね だとしたら 明日吹く風の中に 一人 僕は迷わず行けるのかな Ah 例えばドアはいつでも 僕の前に開いていたんだろう Ah でも目を背けたまま 怯えてたのは自分なんだよ Ah 光の午後に 今までの僕を脱ぎ捨てられたら Ah 何かを始めるのに 遅すぎるなんてないから
やわらかな午後に遅い朝食を の人気パート
歌ってみた 弾いてみた