歌詞 ROLL ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁
めぐりめぐる君を辿る僕の探すすべてになった 剥がれ落ちる心が知ってた愛してる この空の下でふたりゆらりゆらりまた風に吹かれ身を寄せ合ってゆく 大きな時の流れの中で僕は何を手にしたんだろう 芽を摘み集め咲かせたものをすぐに枯らせてしまう 雲は風に流され何処かで消える あるがままで生きようとするあまりそれさえも見えない めぐりめぐる君を辿る僕の探すすべてになった 剥がれ落ちる心が知ってた愛してる この空の下でふたりゆらりゆらりまた風に吹かれ身を寄せ合ってゆく 独りよがりの愛情は君に届かずに彷徨った 分かり合えるはずの君が遠くて 強くうねる行き場のないこの苛立ちだけ投げた めぐりめぐる僕は迷う君にとって足りないもの 剥がれ落ちる心に染みて痛みだした 締めつける空の色と頬をつたう君の涙だけ脳裏に焼き付く 君に触れ君を抱きぬくもりや呼吸を感じ 二人の愛答え知り手にしたと信じていた だけど今君の中苦しみや悲しみに 触れてしまった気付いてしまった僕はそれを恐れてたんだ めぐりめぐる君を辿る僕がすべて抱いてあげる そしてここにふたりで集め咲かせよう名も知らぬ花でもいい枯れぬように 優しく包んでずっと咲かせる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る