歌詞 魔法使いの弟子 さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
むかしむかしもっとずーっとむかし とても貧しい若者がいたんだ この町にね それがある日お金持の ひとり娘を ひと目みた時に 恋したんだとさ でも娘の気をひく 何もない 若者は悲しんで それじゃ 魔法使いになれたならば 何でも出来ると思った とてもエラい修行をして やがて やっと魔法使いの弟子に なれたってサ 弟子が教わることといえば 箒で空を飛ぶことと 夢をつかまえること そこで早速娘の家へ 毎晩自分が主役の夢ばかり せっせと届けた いつの間にか娘は 若者にしらずしらず 恋をした それで魔法使いの仲人で めでたくかけおちしちゃった つまりその娘がママだよ だからパパは今でも箒くらい 飛ばすのは簡単サ
魔法使いの弟子 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた