歌詞 12月 福山雅治

作詞
SION
作曲
SION
ふたりに疲れては ひとりに戻り また誰か恋しくて また繰り返す 屋根の上の猫が そんな俺を見て めずらしいものでも見るよな顔して笑った 変わりゆく時間に 心まどわされ 今日一番の宝は明日屑かも知んねぇ 恋人たちの手は きつく握られたまま 俺たちにもう何も見せるな 叫ぶようにつぶやいた 12月 街は クリスマス気分 あちこちから想い出したように ジョンの声 そして俺ときたらいつもこの頃になると なにかやり残したようなやわらかな後悔をする 捨ててしまえば そこからすべて 新しい暮らしが始まるわけじゃなく 屋根の上の猫が 気にするまでもなく 顔が入れ替わるだけのにが笑いがあった ひからびた時間に 夢という水をまき なんとかほんとうの出口をさがし歩く そこから何が見えたら 満足なのか 俺にはわからない わからなくなった 12月 街は クリスマス気分 あちこちから想い出したように ジョンの声 そして俺ときたらいつもこの頃になると なにかやり残したようなやわらかな後悔をする 12月 街は クリスマス気分 あちこちから想い出したように ジョンの声 そして俺ときたらいつもこの頃になると なにかやり残したようなやわらかな後悔をする 12月… 12月… Ah Ah
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る