歌詞 PRECIOUS ONE 茅原実里

作詞
こだまさおり
作曲
藤末樹
ふいに薫る記憶の花に 足を止めて振りむく歩道 それがどこで見た景色かも 思い出せないけれど 胸でそっとつぶやく名前 白い息が声にならない 世界中でいちばん好きな 優しい響きだった 約束もない同じ季節 あなたは通り過ぎてしまっても 幸せでいてくれたなら たとえばまたあの日が来たって きっと同じ答えを選ぶね 思いあえた二人だから 今もあなたを忘れない 今も支えられてる それは別れだとして だけどきっと愛とも言うの 冷たい窓に映る自分が 泣きそうな顔でいても 夢はいつもあなたの傍で どんな風に力づけてる? 夢は今日もわたしのことを 真っ直ぐに立たせるよ 純粋なまま手を離して 心の芯で繋ぎあえたこと 切ないくらい、あたたかい 躊躇うような思いじゃなかった 痛いほどにそれしかなかった 分かりあえた二人だから 今もあなたを愛してる ずっと信じているよ いつかこの世界から 気配さえ消えたって 心で一緒に生き続けてる 躊躇うような思いじゃなかった 痛いほどにそれしかなかった もっと深く愛するように 二人辿り着いた答え forever, you are my precious one... たとえ何度あの日が来たって きっと同じ答えを選ぶね 思いあえた二人だから 今もあなたを忘れない ずっと愛しているよ
PRECIOUS ONE の人気パート
歌ってみた 弾いてみた