歌詞 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 ほぼ日P

作詞
ほぼ日P
作曲
ほぼ日P
ドアを開けたら妻が倒れてる 背中に突き刺さる包丁 床は血まみれ 知らない人が見たら気絶するかも知れない 僕が落ち着いて 「今日のは掃除が大変そうだ」 と笑うと 妻はうつ伏せのまま満足そうに クククと笑ってた 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 明日はどんな死に方しているのか 予想すらできない ある日は頭に矢が刺さってたり 軍服で銃抱えてたり マンボウの着ぐるみが死んでたときは ドア閉めようかと思った 後片付けも結構大変で 床の血糊を洗ったり 矢が刺さったまま晩ご飯作るのは 勘弁して欲しい 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 ちょっとホメると調子に乗るから できるだけスルーで 結婚前は忙しくても 彼女に会うだけで楽しかった 徹夜でクルマ当てもなく飛ばして 海見に行ったりしたのに 結婚直後初めて部下を持ち 仕事がとても楽しくなった 家で一人で待つ妻の気持ちを 考えていなかった 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしてるのは あの頃の二人に戻りたいからか 僕には分からない 家に帰った僕を待ってる妻の演技見ることが 僕ら二人の愛の形ならば それはそれでありだろう 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 今日はどんな死に方しているのか 期待して開けるドア
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る