歌詞 さよならミッドナイト もじゃ feat.GUMI

作詞
大柴広己
作曲
大柴広己
テーブルの上に缶ビールとコンドーム 隣で眠ってる僕の恋人 僕は行くよってさよならミッドナイト もうすぐ最後の夜が明ける 乾杯って言って君ははにかんだ 見慣れた顔 声 落ち着く匂い 少し赤いって恥ずかしがって おでこを押さえる昨日の笑顔 元気でいようね 君がつぶやいた 僕は何も言えず笑った さよならしようって決めたこの日に やわらかい夜と君を抱いた 目を覚ましたら 離れ離れさ 望んでいたこと 時間よ止まれ 僕だけの君のこの日のままで なんにも言わず支えてくれた つらいときもそばで笑ってくれた 忘れないよってさよならミッドナイト もうすぐ最後の夜が明ける ひとりぼっちだって信じることに 臆病だった頃 君に出会った 愛しているって言われて僕は 初めて僕になれた気がした 何も言えなかった 何も言わなかった さよなら ありがと もう甘えない さよなら またあした もう戻れない 変われない 変わりたい 変われなくない 忘れたい 忘れない もう振り返らない テーブルの上に缶ビールとコンドーム どうしても君に伝えたいんだ こんなにも僕を好きになってくれた 信じるって意味を教えてくれた もう会えないって さよならミッドナイト 寝たふり続ける僕の恋人 君に出会えて本当によかった 目をつぶって泣いてる 目をつぶって泣いてる僕の恋人
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る