歌詞 サカナ 椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
ちっぽけで汚らしい動物 雌 一体生まれてから二十年弱 生きて来たのだろうか其の上 只 易々と泳いで行くのかしら 泳いで行くのかしら たったいま頂戴した言葉其れ 一体どういう意味を持つのですか 「愛している」と云う腕の中で 只 易々と泳いで行くのかしら 泳いで行くのかしら あたしが足の指五本 踵一個 不思議も無く此処にへばりつける 此のことを詳しく説明して下さいな 唇ばかりをそう見つめる前に はっきりしないあたしの生態 雌 一体生まれる迄 歴史などが 少しでも動いたと云えるの 只 安々と泳ぐだけなら 泳ぐだけなら あたしが届かない雲の彼方に不思議も無く厳かに構える 日のことを詳しく説明して下さいな 手を取り優しく そう捕える前に あたしが足の指五本 踵一個 不思議も無く此処にへばりつける 此のことを詳しく説明して下さいな 唇ばかりを そう見つめる前に
サカナ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた