歌詞 シンシアの光 藍井エイル

作詞
新井弘毅
作曲
新井弘毅
ずっと鳴り止まないのは光、輝きの音 遠くの空 静けさ 声が宙を舞った空には青い彗星落ちた 導かれた月の裏側 憂愁が広がる 境界線 越えるように 現実 遠のいて行く 今日を忘れ 明日を忘れて 身を寄せた泣き顔 混在した運命が交わったなら点となり 突き動かされるまま ゆっくり幻想を映し出す ずっと鳴り止まないのは光、輝きの音 どんなに強い風が僕をさらっても シンシア 時を越えて 笑顔に戻れるから 心 歌え 宙を伝え 僕を待つ空に響け ring for Cynthia 激しさ 声は空を切って 集めた夢こぼれていく 誓い合って 笑う昨日が目の奥で滲んだ 潜在した真実に行き場を遮られて 怯えた僕は未来を変える幻想を映し出す ずっと信じてるのは夜空塗り替える音 遠くで霞んでしまいそうに弱いけれど シンシア 夜を越えて 想いを届け行くよ 声を伝え 明日を照らせ 僕を待つ空に響け ring for Cynthia 藍色の空に差し込んだ星 あざやか それが照らし出したのは 君がいる僕の幸せだったんだ 今日も聞こえてくるのは願い、きらめきの音 遠くの空 ずっと鳴り止まないのは光、輝きの音 どんなに強い風が僕をさらっても シンシア 時を越えて 笑顔に戻れるから 心 歌え 宙を伝え 僕を待つ空に響け ring for Cynthia
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る