歌詞 3分30秒のタイムカプセル 遊助

作詞
遊助
作曲
Cube Juice
赤になって 立ち止まった 帰り道聞いていたプレイリストのシャッフルが 僕の体震わせたの 青になっても 動き出せない 3分30秒のタイムカプセルが 開いて 君を思い出す たわいもない事でLINE スタンプやり合い 眠くても話し込んだり おでこくっつけて笑ったり 愛していた 愛されてた 当たり前だと思ってた 何気ない仕草 君の香りも もしかしたら 聞かなかったら 思い出す事もない 何でもない日々が幸せなんだろう 「おやすみ」のTEL 「そっちが切って」 毎晩どちらも譲れなくなって ジャンケンして決めてたな 僕ら いつも 何時だって 会いたくなれば すぐに部屋着のままで 急いで家に向かったな 今になって聴く メロディー すれ違う メモリー 追い越してく人並みに独り よく見上げた空 滲んだり 愛していた 愛されてた 当たり前だと思ってた 何気ない寝顔も君のその声も もしかしたら 聞かなかったら 思い出す事もない 何でもない日々が愛しくなるんだろう 若かった2人「一生一緒」だなんて何度も語り ぶつかり合い 気まずくなる日々 今だったら違ったのか? 会いたいけど 会いたくない 行ったり来たりしてるよ 何気ない今日と 輝いた過去 元気なのか? 綺麗になったか? 今の僕はどうなのかな? 何でもない日々に 今口ずさんでる 愛していた 愛されてた 当たり前だと思ってた 色褪せない日々が僕に笑うの スゲェ笑ったり 胸が泣いたり 街の色、高さ変わっても 何でもない今日も彩ってくんだろう
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る