歌詞 inviation 柴咲コウ

作詞
柴咲コウ
作曲
JIN NAKAMURA
うだるような地も静まり ほの暗い日の出まえ いつもの通り道で待ち合わせ みんなでしよう “夏だから”ボーダーか焼けた肌かワンピース 個性はないけれど可愛くてうらやましい みんな前見てるすきにぎゅっと手をひいてほしいんだ 路面電車に乗り どこまで走り抜けよう? どうせ海岸かそこらあたり 花火でもしましょう 手に持ってはいけないのに 振りまわし気を引く よくある構図(けしき)がアツ 去年の誕生日には黒いTシャツをくれた わざと穴があいてる袖をとおしてみようか 今年は“なにがいい?”したたか応えられず 見つめてくれていることに満足している どこから恋になったのか・・・痩せた身体を抱き締めて 懐しのラムネは「?(はてな)」味でも美味しい 甘いくせに潔くて好き 口の中であばれ弾けとぶカプセルたち なんにも出来ない 僕の気持ちの表れ ―またみんなでこよう ―きみなしでもへいき たまに不健康に朝まで忘れるのもいいね たまに健康的に朝思い出すのもいいよ きっと電車に乗り 君だって来てくれるでしょう? 書き途中のcoolな invitation 最高の音と生まれたこの日 利用する 歌い足りないだから まだ帰らない― 路面電車に乗り ひたすら揺られてみたら 「過ぎた夏の記憶」に収まる もしかしたら僕ら 最後かもしれないけど 頭の中ではずっと続いてゆく one time
柴咲コウ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る