歌詞 かたはらに 椿屋四重奏

作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
いつ何時も其方の熱を傍らに 無下に恋し面影に暮れた いつ何時も其方の声を傍らに 過ぎる戯れ溢れんばかり 散々絡んだ心 持ち恥入るばかりの常日頃 其に在る日差しの幼気に其方を見たのは気の所為か 径にふたりの影伸びた いつ何時も其方の熱を傍らに 無下に恋し面影を連れて いつ何時も其方の声を傍らに 過ぎる戯れ溢れんばかり 拙ひ望みを数へては胸の満ちゆく覚へあり 薄らぐ眩暈の渦の中 うつらうつらに寄り添ひ眠ろ 径にふたりの囁きが 夕立を待つ影 夏草の匂ひに 声も失ふ不始末よ この様を許せ いつ何時も其方の熱を傍らに 無下に恋し面影を連れて いつ何時も其方の声を傍らに 過ぎる戯れ いつ何時も其方の熱を傍らに 無下に恋し面影を連れて いつ何時も其方の声を傍らに 見放ぐ事など出来やうものか
かたはらに の人気パート
歌ってみた 弾いてみた