歌詞 朱花艶閃 己龍

作詞
黒崎眞弥, 一色日和
作曲
九条武政
「もう幾つ寝ると…」 さ乱れ染めにし我ならくに 滲む朱宵は花一匁 「然れども」 花や蝶やと舞ひし日を偲び 灯蛾の群れに逆夢を浮かべ 欺キ欺カレ泥濘ノ冥キ澱 売女となりて 狂ひ咲きの匣庭で啼きぬれど貴方は薫 揺蕩ひて溺るれば紫煙舞ふ芥子の花 淡き希望(よろこび)を今宵も幾度と繰り返し 悟らば絶望(まくけ)に…夢も現もなき さ乱れ染めにし我ならくに 滲む朱宵は花一匁 欺キ欺カレ戒メハ常ノ闇 畜生に落つ 狂ひ咲きの匣庭で啼きぬれど貴方は薫 揺蕩ひて溺るれば紫煙舞ふ芥子の花 後朝惜しむ暁七ツ今は朧霞 荒菰巻き故の…手向けなき徒花
朱花艶閃 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた