歌詞 light prayer school food punishment

作詞
内村友美
作曲
school food punishment・江口亮
蠢いている闇を割って その中の澱みを打て 計算と保守 自分勝手なルール 歪んでいる事実 期待を消去して 向かうべき未来の芽 摘んでいる正体探し出して その手を掴んで 光の差す明日へ影も連れてく きっと冷たくて暗い雨だって 誰か救っているから 平行線を繋げば輪になる 光に変えて 音を立てて ずれていく世界 SOSの群れ 僕を消耗して 近すぎてぼやけた現実と未来 まだ手を伸ばせる答えを探して 向かうべき未来の芽 その中耳を澄ましてみれば まだ見ぬ世界に 光を祈って待っている 不安もそっと抱いて きっと いつか疲れて全てを 消してしまいたくなっても 君の声が僕を呼び戻す ほら よく見てみて 風向き少し変われば晴れる 矢印の方へ それが示す明日へ ふらついたって行ける きっと 歪な世界のその先 小さな光がある 全てが叶う楽園じゃなくても 君がここにいる 風はそっと僕の背中を押している そう平行線の先を繋いだなら 光の輪になる
light prayer の人気パート
歌ってみた 弾いてみた