歌詞 猫とアレルギー きのこ帝国

作詞
佐藤
作曲
佐藤
話せなくていい 会えなくてもいい ただこの歌を聴いてほしいだけ あなたの顔やあなたの声が 夢に出る夜はどうすればいいの 12月の空気を吸い込んで くしゃみをひとつ 産まれたばかりの猫たちが 散り散りに去ってゆきます いろんなことがあったけど思い出すのはあの日々ばかり 話せなくていい 会えなくてもいい ただこの瞬間こっちを見ていて ほんの少しの勇気があれば 後悔せずにすんだのでしょうか アレルギーでもあなたは優しく撫でた ああ、昔を懐かしんだり嘆いたり ありあまる残りの人生を真面目に考えたりして 大人になったような気でいる 時間が巻き戻せたならばなんてね、もう思い飽きてる 話せなくていい 忘れていいから ふとした瞬間アルバム開いて なんにも知らないあの頃のように 横顔にそっと見惚れていて あと7日間で世界が終わるならなんて、 あんなどうしようもない例え話 他の誰にもしないでいて これからもずっと 触れなくていい 忘れていいから ただこの瞬間こっちを見ていて あなたの顔やあなたの声を 何度でも 思い出して歌うわ 届かなくていい 忘れていいからでも あなたの目と手の温もりが なにもない空、滲んで消えてく アレルギーでも あなたは優しく撫でた
猫とアレルギー の人気パート
歌ってみた 弾いてみた