歌詞 Lunatic Gate Janne Da Arc

作詞
yasu
作曲
you&yasu
冷めた君の瞳 相変わらず無機質な宝石みたい いつもの誰にでも見せるお得意の瞳で 男を見下すくせに 上目使いがやけに上手い君は 顔の割に僕との夜を数えてたり 「僕の彼女~」と君に話し出す度 聞かないフリして 僕の口唇にかみついて来る 君をLunatic Gateまで連れていってあげる この僕以外には誰にもできない事 今夜も君をメロディアスに奏でてあげるから 何か隠してるその扉 開いてみせて 僕が君に送るのは 着せたいからじゃない そのDressをただ淫らに脱がせたいだけ 外で会った君の 感じがいつもと何か違って見えるのは 裸じゃない君だからかもしれない 暗闇より 太陽の下の方が 似合いすぎてる君を見つめられないのはなぜ? 気がつけば 僕はラビリンスに連れさられていて いたずらな君の仕草にあやつられてる 輪郭のない憂鬱に誰か麻酔をかけて このままじゃ僕は君から離れられなくなる 何も言わず僕の腕で朝を迎える とりつくろう笑顔に乾いた涙の跡が ごまかすつもりなら もう少しうまく嘘をついて 一人きりの夜の方が好きだったはずなのに 気がつくと 君の感触をさがしてた 君をLunatic Gateまで連れていってあげる 何か隠してるその扉 開いてみせて
歌ってみた 弾いてみた