歌詞 小さな夜の下 Fairlife

作詞
春嵐
作曲
浜田省吾
夕暮れる街角で 暗闇を待ち伏せる 星のない夜更け 面影を探す 今だけでいいここに 舞い降りて 会いたいの すぐ 小さな夜の下 大きなバスケット持って あなたと腕を組んで 一緒に行きましょう あなたの大好きな 手作りのご馳走を たくさん作ったの 食べてね まよなかの遊歩道 あの夜と同じシャツ 闇に溶ける指 透き通る吐息 それでもいい ここに いてほしい 会いたくて いつも 小さな夜の下 ブランケット広げ あなたに寄り添って 一緒に飲みましょう あなたの大好きな こがね色の紅茶 草原の匂いに 泣いてる 今だけでいい せめて 舞い降りて 会えないの? もう? 飲みかけの紅茶を 朝もやにこぼして 小鳥のさえずりで ひとり立ち上がる 小さな夜の下 光が終わりを告げ あなたの面影をのみこむ ふたりの思い出が呼んでる
Fairlife
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る