歌詞 いぬのきもち 100s

作詞
中村一義
作曲
小野眞一
野良犬同胞に、「ドン」と呼ばれ早、十年。 もう、とうとう今日でお迎えだぜ。オー、イエー。 そう、言う奴が言やぁ、ファンタズィー。 言う奴が言やぁ、リアリティ。 この事故でおさらば。オー、イエー。 どうせ、人はオイラを知らねぇし、見えねぇし。 そんじゃ、オレは、リアル「裸の王様」気取ろうか。 いつかはみんな、通り過ぎた街から街へ行く。 いつかはみんな、通り過ぎた街から街へ行く。 戦中戦後、ずっとね、無傷の井戸のフタの上、 もう、3秒で寝れるオレの家。 どうせ、墓場なんかにゃ、行けねぇし、生きてぇし。 そんじゃ、オレは、今風「ドン・キホーテ」気取ろうか。 いつかはみんな、通り過ぎた街から街へ行く。 いつかはみんな、通り過ぎた街から街へ行く。 いつもはみんな、通りにいた。 いつもはみんな、通りにいたんだ。 あの頃、富士が大きすぎた、夢から空へ行く。 眺めちゃ吠えるだけだった、空から街へ行く。 ラ・バババ、バイ。ドンマイ、ドント・マインド。 ラ・バババ、バイ。ドンマイ、ドント・マインド。
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る