歌詞 イナズマ CUNE

作詞
小林亮三
作曲
小林亮三
夜の荒野をかけぬけてゆく 一秒もないはかなき願い 僕はそれを真に受けたのさ 眠れないから旅に出ようか 重ねた嘘の罰に マボロシだと笑われど 戻る気などさらさらさ オオカミは闇に吠える 夜をてらしだせ 雲の間に 矢を放つ様に 誰も描けない 夢の彼方で 僕は風になる イナズマが僕をまるで気まぐに つらぬいたんだ 重ねた嘘の罰に 風邪をひいたと笑われど 焦らなくてもいいはず この胸に焼きつけてる 夜をてらしだせ 雲をさくような ひびわれたハート 誰も描けない 夢の彼方で いつか 虹をかけよう その七色を あなたとながめたい イナズマが僕を まるで気まぐに つらぬいたんだ
イナズマ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた