歌詞 みどりと森の運動公園 NGT48

作詞
秋元康
作曲
伊藤心太郎
木漏れ日の下の葉の影は (葉の影は) 時折の風に揺れながら (揺れながら) 近づく季節のその気配 (その気配) 一足早く空をめくったカレンダー ここで会おうって約束した去年の夏を忘れてない まだ恋と気づかずに別れ際口にしたこと 待ってるのは待たせるよりしあわせな時間だよね 何回も見てしまった道の向こうを… 君は来るか? 来ないのかな もっとちゃんと言えばよかった 僕は(僕は) それでも(それでも) ときめく 半袖のシャツの制服が (制服が) 遠くからこっちへ手を振った (手を振った) 近眼の僕はポケットの (ポケットの) 眼鏡を掛けてやって来た夏 確かめた まさか会えると思わなかった 去年と同じ今日この日に 今恋と気づいたよ 一年も時が流れて… 好きになると会いたくなる 当たり前のことだよね 目の前で微笑むのは夢の続きだ 僕は何を話せばいい? 二人ずっと見つめ合うだけ 蝉が (蝉が) どこかで (どこかで) 鳴いてる 待ってるのは待たせるよりしあわせな時間だよね 何回も見てしまった道の向こうを… 君は来るか? 来ないのかな もっとちゃんと言えばよかった 僕は(僕は) それでも(それでも) ときめく やっと(やっと) あれから(あれから) 会えたね
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る