隅田川

amazarashi

作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
面映い思い出一つ 紐解く手が震えています 幸せとはつまり つまりあなたのことです 古い歌 口ずさむたび それと見紛う面影を見る さわれないなら いっそ いっそ 消えてください 日暮れて連れあう街に蝉時雨 繋いだ手と手を離さなきゃよかった 僕を支えてくれていたのはいつだって 笑いあう喜びでした 許しあういたわりでした 見落としそうな程小さな特別達でした 隅田川 花火が咲いて散るまでには会いに行きます 移ろう季節の真ん中で 全てが綺麗だった 浴衣帯 盆提灯が照らしだす朱色の影絵 心の中ずっと ずっと張り付いています 変わらない町並み ふきだした二人 変わっていたのは僕等だけですね 日々を鮮やかに変えていたのはいつだって 重ねあう優しさでした 言い合える絆でした 忘れてしまう程 些細な特別達でした 隅田川 花火が咲いて散るまでには会いに行きます 移ろう季節に留る事できないと知りながら 火影に群がる虫として 僕はあなたに焦がれて 幼い強がりかなぐり捨てて 素直になれたらそれで良かったんだ 本当に欲しかったのはそこにあった笑顔だけでした それだけで僕はどこまでも行ける気がしてたんだ 隅田川 花火が咲いてその真下で出会いと別れ あなたがくれたその全てにありがとうって聞こえますか
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る