歌詞 SISTER back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
無神経なタイミングで降り出して街を濡らす雨 君は気付かないふりして高く帆を張って渦の中へ とっておきのアイデアは無機質な言葉で蹴飛ばされ 君は気にしないふりして笑ってもっと渦の奥へ 戦う為に理解して砕いて本当は痛くて目を閉じて自分に大丈夫言いきかせた 風の無い空に飛び出して乾いた海を泳いで傷ついてまた 君はまた光を放って行く負けないで 君が瞬きで隠した痛みをその想いをああ僕は知っているから 降りかかった憂鬱は洗ったって落ちてはくれなくて 君は構わないふりして速度を上げもっと先へ 綺麗なままじゃ辛くて優しさはいつもあだになって 滲んでいく自分に大丈夫言いきかせた 目指した雲はずっと高くて夢見た島は遥か遠い場所だと知ってて 分かってて踏み出してきたんだから負けないで 君が瞬きで隠した痛みをその想いをああ僕は知っているから 地下鉄の窓に映り込む疲れ切った逆さの君が君の為にこの歌を歌ってる 泣かないで君が費やしたすべてが意味を持つその時まで あの雲の先できっときっと 風の無い空に飛び出して乾いた海を泳いで傷ついてまた 君はまた光を放って行く負けないで 君が瞬きで隠した痛みをその想いをああ僕は知っているから
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る