歌詞 361° SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
本当は挫折なんて知らないで済めば一番いい 本当は悩みなんて無いまま笑えりゃ一番いい 本当は悲しみなんて抱かずに済めば一番いい 本当はさよならなんて言いたくもなくて泣いたんだ でも転んでみて痛みを知った悩みながら選択をした 涙目で訴えたのが隠してきた本当なんだ 361°の位置今そこに立っている 何一つわからなかったあの日とは違う ほら始まりに戻ってきたその次の一歩目は 誰かの顔とか浮かんで一人ではないとわかって 再会と今始まりを 本当は終わりなんていつでも意識はしてないし 本当は別に今が嫌いで仕方ないわけじゃない ならば綺麗ごとのその前にある欲望を今言ってみて 愛して欲しいわかって欲しい誰もみな本当はそうだ 361°の位置今何が見えている? 夢が夢のままだとしてあの日とは違う ほら始まりに戻ってきた今何を抱いている 誰かの顔とか浮かんでまだ続いてるとわかって 悔しくて悲しくて何故何故って後悔もして 考えて考えていつでも始まりに戻ってくる 譲れないものがある 361°の位置今ここに立っている 挫折と悩みと悲しみさよならの上 ほら始まりに戻ってきた今次の一歩目は あなたの顔とか浮かんで気付けば笑えそうで 361°の次まだ知らぬ毎日に 期待してみたっていいよ不安だけじゃなくていいよ 始まりを思いだしたあとその次の一歩目は あなたの顔とか浮かんで気付けば笑ってしまって 再会と今始まりを
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る