歌詞 トレイン ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
僕の中の高速列車は今日もガタガタ言いながら 夢と言う名の駅に向かってひたすら走ってる 夢に向かって走るのかそれとも途中腐って錆びるのか この僕乗る列車はお構いなく 今日も魅了人をさらい出す なりたい物やりたい事子供の頃の夢見心 それを燃料にして走り出す 途中下車無効にて限りなく 走る事走り続けるほど 夢大きく数も増える物 切符書かれた「夢駅」の文字 不安に駆られ霞む一時 「忘れるな」とあの気持ち騒ぎ出す その時また車輪は回り出す 列車行き先は自分に見える だからこそ僕は僕でいれる 動き出せ僕の中の少年のようなピュアなハート 飛び出せ僕の駅へ草かき分け走り出せ 僕の中の高速列車は今日もフラフラ舞いながら 夢と言う名の空へ向かってひたすら飛んで行く 夢見る限りレールは伸びる 加速する度に不安もよぎる 今何処で何処へ向かってるかは 分からなくていい夢詰まってる 車掌いない時刻表無い自分次第焦らず気負うもん無い 名も無き駅で止まるもよし 鳴らす汽笛で今日終わるもよし 時には先の暗いトンネルいつかは必ず光が待ってる 迷わせ惑わせる風を避け自由の空眺めたそがれ ただ悠々と走ってくその積み荷の重さ誰が知ってるだろう でも構わず音立て飛び立て夢の空へ ある朝僕の噂夕方悪い噂 そうさ僕のせいさでも気にせず進んで行く ある朝僕の噂夕方悪い噂 そうさ僕のせいさでも気にせず進んで行く 動き出せ僕の中の詩人のようなキザなハート 飛び出せ僕の空へ雲かき分け飛んで行け 加速する為に前を向いて 誘惑の風に目をそらして 花びらを舞い散らして進んで行く ただひたすらにひたすらに 今夢と言う名の駅へ名の空へ ・・・ 動き出せ僕の中の少年のようなピュアなハート 飛び出せ僕の駅へ草かき分け走り出せ 動き出せ僕の中の詩人のようなキザなハート 飛び出せ僕の空へ雲かき分け飛んで行け
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る