歌詞 GO BUMP OF CHICKEN

作詞
Motoo Fujiwara
作曲
BUMP OF CHICKEN
歩くのが下手って気付いたぶつかってばかり傷だらけ どこに行くべきかも曖昧でこぼこ丸い地球の上 叱られてばかりだったから俯いたままで固まった 遠くで響くトランペット固まったままで聴いていた 途方に暮れて立ち止まって泣いたら出来た水たまり 映した無数の煌き懐かしい声で囁くよ 心が宝石を生む度に高く浮かべて名前付けた 忘れられてもずっと光る星空は君が作ったもの 体は必死で支えているどこであろうとただついていく 強くなくたって笑いたい涙を拭った勇気の手 皆が走って先急ぐサーカスが来たってはしゃいでいる なんとなく僕も走りたいチケットも持っていないのに 叱られるって思い込む何か願ったそれだけで ぶつかってばかり傷だらけだけど走った地球の上 どうしたくてこうしたのか理由を探すくせがある 人に説明出来るような言葉に直ってたまるかよ とても素晴らしい日になるよ怖がりながらも選んだ未来 君の行きたい場所を目指す太陽は今日のためにあった 体は本気で応えている擦りむく程度はもう慣れっこ 喜んでいいものなのかな一生今日が続いて欲しい 誰かが誰かを呼んだ声知らない同士人の群れ 辺りは期待で溢れた僕だって急いで走った 何かが変わったわけじゃない何かが解ったわけじゃない ゴールに僕の椅子はないそれでも急いで走った 思いをひとりにしないように とても素晴らしい日になるよ選ばれなくても選んだ未来 ここまで繋いだ足跡が後ろから声を揃えて歌う 心が宝石を生む度に高く浮かべて名前付けた 強くなくたって面白い涙と笑った最初の日 何かが変わったわけじゃない何かが解ったわけじゃない でこぼこ丸い地球の上 誰かが誰かを呼んだ声知らない同士人の群れ でこぼこ丸い地球の上
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る