歌詞 春を歌にして back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
並木道のやわらかい風はあなたの手のひらみたいに僕の左頬を優しく撫でて甘い匂い残して消えてゆく さよなら二人で言い合ってそれで一体何が終わったの? この想いと伝えたい言葉が行き場を失くしただけでしょう 春を音にしたような声でもう一度僕を僕の名前を呼ばれたら何も言えないから せめて泣かないようにしよう 強くなりたいと願う度にひどく虚しい気持ちになる 強くなれたってその姿を見せたいのはまだあなただから そうだねきっと時間の流れがすべてを洗い流してしまうね ならそれまで大切に持っておこう想いも言葉も温もりも涙も 忘れなければと思うほど胸の深くに刻みこまれるのはそれだけ想いが強いからそうゆう事にしておこう 会えないとゆう事より何よりも悲しいのは君が僕に会えなくても平気ってゆう事 今でも君に会いたいけど会えない理由が山積みなだけじゃなくて 本当に大切にしなきゃいけないものに気付き始めたから 春を音にしたような声でもう一度僕を僕の名前を呼ばれたら何も言えないからせめて泣かないようにしよう 連れていくよ 君の想い出と この春を歌にして
春を歌にして の人気パート
歌ってみた 弾いてみた