歌詞 春はどこから来るのか? NGT48

作詞
秋元康
作曲
エガワヒロシ
風が止んでしまった日はなぜか走りたくなるんだ 僕がどこかへ走らなきゃ地球が回らなくなるよ 校舎の窓に反射した空の雲は止まってる 自分の方が動かなきゃ欲しいものは手に入らない 君はずっと変わらないままクラスメイトの一人で 仲悪くなんてないけどそんなに親しいわけでもない 誰にも相談できずに遠くから想ってるのに 一年過ぎても全然僕たちの距離は埋まらない 何か聴こえないか? 恋の足音だ Oh! Yeah! Oh! Yeah! 春はどこから来るのだろう? だってねえ不思議じゃないか? 木枯らしに凍(こご)えてたのにある日 突然気づくんだ 通学路の桜の木がいくつか芽吹いていることに・・・ そういう感じで やって来ないかな 僕たちの春 風はやがて吹き始めて何か思い出したように 裏の団地のベランダで洗濯物も揺れてる 地球は回っているから季節はまた巡るだろう 君を何度も好きになって何度も切なくなるんだ 言葉にしないよ 胸にしまっておく Oh! Yeah! Oh! Yeah! 春はいつ頃来るのだろう? できるなら知っておきたいよ 何(なん)にも気づかないなんてもったいないかもしれないし そうずっと待ってるだけじゃ緊張しすぎてしまうよ 迎えに行って僕が連れて来ようか 遅すぎる春 制服の肩に桜の花びらが乗っていたんだ 僕がそっと指でつまみ君にあげた 春がどこからやって来るかついに見つけたよ 恋はどう始まるのだろう? いつのまにか好きになってる どういうきっかけかなんていつだって覚えていないし 少しずつ惹かれてく途中ちゃんと見ていたかったのに 見上げた桜はいつも満開だよ 気づいたら恋 春はいつ頃来るのだろう? できるなら知っておきたいよ 何(なん)にも気づかないなんてもったいないかもしれないし そうずっと待ってるだけじゃ緊張しすぎてしまうよ 迎えに行って僕が連れて来ようか 遅すぎる春 春一番だ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る