歌詞 愛に手ふれて aluto

作詞
藤田大吾
作曲
藤田大吾
薄暗い照明影伸びる 座るソファー時計はゆっくり いつもみたく並んでみた後 あの夜の僕らを話した 交わす会話が段々震えて落ちた涙拾いに 指先なら届く距離が見えなくなる前に そばにいるよそばにいるよ 愛しき人よ泣かないで 言葉じゃなく心でもなく そばにいる 愛に手ふれて 愛に…手ふれて それから一つ刺さった棘もあり 奥のほうでチクチク動くんだ 日を増す度にカサブタになって上手く抜けないや 見ないふりして抱きしめたら痛みも増していく そして君とまた求めて 愛しさの中確かめ合う 痛む胸を撫でておくれ そばに来て 愛に手ふれて 愛に…手ふれて そばにいるよそばにいてよ 愛しき人と共に居る 夢見がちな僕らきっと 寂しさも愛しさも 何度でも重ねあって重ねあって 愛に手ふれて 愛に…手ふれて そこに手、ふれ合う 愛に手ふれて ずっと 愛に手ふれて…
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る