歌詞 Janne Da Arc

作詞
yasu
作曲
ka-yu
白い世界が彩づきだし 淡く淡く 優しい雪は 雨にとけて 風が運んだ 4月の香は 遠い遠い記憶の君を蘇らせる また 僕を立ちどまらせた 春をまとう恋人達 咲き乱れたその景色に まばたきさえ忘れて 今頃君も どこかで舞い散る花びらを見て あの日指きりした約束 思い出してるの? 'そのうちお互いを忘れる時が来るけれど 少し思い出して、、、、桜の花を目にしたら、、、、' まるで まるで あの頃にいた二人の様に 道ゆく 人波の中 君の姿と重なる 栗色の長い髪に 僕は目を奪われ まだ子供の様なあどけない瞳のままで かけぬけた季節は あまりにも綺麗すぎて 人を愛する事 君が教えてくれたから 今でも君の笑顔が 胸をはなれない あの日指きりした約束 思い出してるの? 'そのうちお互いを忘れる時が来るけれど 少し思い出して、、、、桜の花を目にしたら、、、、' まだ子供の様なあどけない瞳のままで かけぬけた季節は あまりにも綺麗すぎて もう次の雨で終り告げる花びらを見て 君は新しい季節を 誰かと生きてるの? けれど覚えていて君を愛していた事を 約束の言葉、、、'桜の花を目にしたら、、、'
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る