歌詞 supernova BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
熱が出たりすると気付くんだ 僕には体があるって事 鼻が詰まったりすると解るんだ 今まで呼吸をしていた事 君の存在だって何度も確かめはするけど 本当の大事さは居なくなってから知るんだ 延べられた手を拒んだその時に 大きな地震が起こるかもしれない 延べられた手を守ったその時に 守りたかったのは自分かもしれない 君の存在だってもうずっと抱きしめてきたけど 本当に恐いから離れられないだけなんだ ラララ 人と話したりすると気付くんだ 伝えたい言葉が無いって事 適当に合わせたりすると解るんだ 伝えたい気持ちだらけって事 君の存在だってこうして伝え続けるけど 本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだ ラララ 僕らの時計の中ひとつだけでもいいから 本当を掴みたくて本当を届けたくて 歳を数えてみると気付くんだ 些細でも歴史を持っていた事 それとほぼ同時に解るんだ それにも終わりが来るって事 君の存在だっていつでも思い出せるけど 本当に欲しいのは思い出じゃない今なんだ 君を忘れた後で思い出すんだ 君との歴史を持っていた事 君を失くした後で見つけ出すんだ 君との出会いがあった事 誰の存在だって世界では取るに足らないけど 誰かの世界はそれがあって造られる 君の存在だって何度も確かめはするけど 本当の存在は居なくなってもここに居る 僕らの時計は止まらないで動くんだ ラララ
歌ってみた 弾いてみた