歌詞 太陽 feat. 吉井レイン Fairlife

作詞
春嵐
作曲
浜田省吾
土砂降りの中 傘もささずに あなたへと走る 冷たい水しぶき 震える恋心 悴む手足 さ迷う 光と影の 狭間でひとり 濡れそぼつブランコ うつろな存在の 愛のことば達は 触れてはすぐに 消えうせる 手と手を重ね合わせて 肩を寄せ合い ただ同じ雨の中 仔猫のように うずくまっていた 15's winter 雨が途切れた 夕暮れの町 宝物探す びしょぬれの心が 温もりを求めて あなたの肌に 潜り込む 誰もいない公園 はぐれた二人 おもちゃのような希望で 凍えた指を 温め合ってた 16's winter あなたの背中越し 見上げた空高く 果てしなく あなたしか見えなくて 寝転んだけれど ある日空がひび割れ はがれ落ちる プラネタリウム 鳥は たまごの中から 抜け出すために 世界を 打ち砕いて 暗闇から 自力で飛び出す 17 summer 青空と 太陽へ
Fairlife
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る