歌詞 携帯電話 RADWIMPS

作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
今日も携帯電話をポッケに入れて歩くけど 待てど暮らせどあの人からの連絡はなくて まるで寂しさをポッケに入れて歩いているような そんな こんな僕です いっそ携帯なんて捨ててしまおうかと思うけど 電話帳にいくつもの名前が入っていて まるで友達を携帯しながら生きているような そんな 変な僕です もうわけが分かんなくなっちゃって 一人ぼっちになりたくなって 電源を切って 僕に「おやすみ」 こんなものがなければ 今日も僕は一人だと 思い知らされることもなく 生きてけたんだろう だけどこれがあるから 今日もどこかの誰かの ポッケの中に僕の居場所が あるんだろう ふいに携帯電話を暇つぶしがてら見ていると あのケンカも あの約束も残っていて まるで僕の歴史を携帯しながら生きているような そんな こんな僕です さらに電話帳の名前をぼんやりと眺めていると どうにもこうにも思い出せない人がいて まるで僕よりも僕のことを分かっているような そんな変な箱です もう何も分かんなくなっちゃって 僕を僕のものしたくなって 電源を切って 僕に「おかえり」 こんなものがなければ 今日も君がいないことを 思い知らされることもなく 生きていけたんだろう こんなものがあるから 忘れていいようなことも 何ひとつ失くせずに いつまでもずっと残っている だけど だから 今日もポッケに入れて 僕は歩いてく 見えもしない 聴こえもしない 君と繋がっている不思議 見えない糸が張り巡った その中で今日も僕は生きてる その中で今日も僕は探してる こんなものがなければ 今日も君はいないこと 君と確かにいたこと すぐ隣にいたこと そんなことのすべてを 僕と君のすべてを 失くせそうにもないこと 忘れられそうにもないこと だけどこれがあるから こんなものがあるから 今日もどこかにいる君の ほんの少しだとしても その中のどっかに僕の居場所が あるんだろう
歌ってみた 弾いてみた