歌詞 セブンス・ワンダー 100s

作詞
中村一義
作曲
中村一義
相変わらず、「お前は、そうだ警官だ。」 と言い放つ、親、兄弟。 相変わらず、オレの記憶は派手に無く、「親、兄弟」 って? 変、変、変。この街、この空気、あったぞ!? おぉ、わがこの街、守れた時、 そう、 太陽が 輝くように、挨拶も絶えず。 おぉ、けどあの時、頭部には鈍器、 そう、さっぱり今、この通り、思い出したぜ。 なんか不安がる青年がダンスなんか踊り、 オレを見ないフリしてる。 日が傾きかけると、決まって、通りはしる、 あの中村って子は街の七不思議。 おぉ、わがこの街、守れた時、 そう、たいがいは輝くように、顔も忘れず。 おぉ、けどこの時、誰もが無視、 そう、さっぱりオレ、この通り、忘れられて。 変、変、変。七個目 の不思議が思い出せんぞ。 (変、変、変。まだ変、変、変。セブンス・ワンダー。) (変、変、変。まだ変、変、変。セブンス・ワンダー。) おぉ、なくした時、返ってきたのに、 そう、 誰もが 元警官に、なんの目もくれず。 おぉ、ずっと、この街の人を守り通す事だけをただ、 信じていたのに。 国、わがこの街、全部がこのオレを残し、別れも言えず。 おぉ、ならばオレに最後の不思議を今日、決めさせておくれ。 それはただ、 それはな、オレ含め、 記憶をなくしたみんなだ。
100s
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る