歌詞 Hacking to the Gate いとうかなこ

作詞
志倉千代丸
作曲
志倉千代丸
数十億もの 鼓動の数さえ あなたには 瞬き程度の些事な等級 過去に囚われて 未来を嘆くも 塵一つ 誤算を許さぬ必然 『無限』に広がる夢も 描く未来も 僕達に許された 虚栄の権利 『有限』それは二つの 針が示す 残酷な約定と 選択へ Hacking to the Gate――― だからいま 一 秒ごとに 世界線を超えて 君のその笑顔 守りたいのさ そしてまた 悲しみの無い 時間のループへと 飲み込まれてゆく 孤独の観測者 命の主張と 無意味な証明 あなたには 退屈しのぎに足らぬ滑稽 支配者きどりの 愚かな種族は うぬぼれた 稚拙な定理を並べた 『無限』と信じた愛も 空の彼方も 僕達に示された 仮想の自由 『有限』それは無慈悲に 時を刻み 明日さえも否定する 選択へ Hacking to the Gate――― いくつもの 輝ける日々 仲間との約束 無かった事には してはいけない そのために 時を欺く 残された仕掛けに もう迷いはない 孤独の観測者 だからいま 一秒ごとに 世界線を超えて 君のその笑顔 守りたいのさ そしてまた 悲しみの無い 時間のループへと 飲み込まれてゆく 孤独の観測者
Hacking to the Gate の人気パート
歌ってみた 弾いてみた