歌詞 まっしろ SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
真っ白なその靴は僕の背中を伸ばして 不安を消すおまじないのように自信を与えてくれた 大事な場面は当然で雨の日も泥道も 僕の行く道を共に踏みしめて歩いてきた いつしか汚れが気になって踵を潰すようになって 少しづつ知らぬ間に特別は特別じゃなくなって 街で偶然目に止まったお洒落で可愛いそれを ついに手にとった僕はきっと浮かれていたんだ 主張しすぎることも無くてどんな僕にも合わせて 思い出が多過ぎるから捨てることも出来なくて 場面も道も選んで気を遣うお気に入りは ただの流行りものだって頭では気がついてるのに 寂しがっているかもな ああこれは何の話だ 靴擦れした踵さすって休日に履いた白い靴 汚れは落ち切らずとも何かが満たされる僕 街を行き交う人はみんな何を思いながら今 それぞれの大切を大切にしてるんだろう 慣れ親しむほどに決まって安心感に甘えて 雑になる初めはもっと大切にしていたのに 満たされると欲しがってまた満たされて思い出す 何が一番必要かずっと気づいてたのに 主張しすぎることも無くてどんな僕にも合わせて 俯いた僕の背中を叩いてくれたのは誰 流行りすたりでは無くて一生ものの信頼 ごめんもっと大切に大切にしなくちゃな 恥ずかしくなるよごめん ああこれは何の話だ これからもよろしくね ああこれは何の話だ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る