歌詞 Fog (Re-Arrange) DAOKO

作詞
DAOKO
作曲
観音クリエイション
心のこのあたりがぐじゅぐじゅするの 膿んでは落ちる気持ち 水たまリ人間なんて肉の塊 たまに 思い出すカタチの線渕 あなたと指切り 私包む霧形にハマる関係 不安定な気持ちの行く先 何また繰り返すの?足掻いて 腐ってどっかいった心の穴がスースーするよ 誰の言葉もそこに 染みるだけ 図々しく開けては閉じて 避けては通って惑わされる表と裏はどっちなのホントが 見えないあなたは霧 キリギリスが泣いた 鳴いたよ今 私には聞こえた 描いたきみの目 こっちみて泣いてる目 ピンクの花弁 落ちる公園 鳴る鐘が教えてくれる5時の音 隣の君のまつげが 愛おしい言葉にできないけど君と二人で 水たまりになってしまいたい 本音押し付け口を紡いだ 繋いだままたった手が今 今どこへいったの? 見当たらない何処へ探せども見当たらなくて 遠くの方でぼんやりとあなたの声がした 振り向いたってもう駄目 落とした残り香だけ 触れられないし目に見えないし実態無き香り でも懐かしいなぁ なんでだろ止まらない涙 私は あなたが 描いたきみの目こっちみて泣いてる目 待って待ってと泣きじゃくる癇癪 子供の ようにただ駄々こねる言葉は音に喉枯らす 騒ぐ程遠い鼓動に伝えるために出来上がった 濁った色 逃げ込んだ帰路には何もないの 霧が包むの私の身を 君と一緒に居る様だ 嬉しい このままずっと一緒がいいな このままいっそ溶けてしまおうよ 死んだ目した私の戯言 息吹きかけて 目覚めて盲目の塵血に雨ねぇ。 君の隣でひとり水滴と成ぽたぽたと床に散っていく 描いた きみの目 こっちみて笑ってる目 愛はきみだけ いまだけ笑っていて
DAOKO
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る