歌詞 明日の歌 Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
暑いって言うかこの部屋には想い出が多すぎる あなたに貰ったものを どうしてこんなに大事に置いていたんだろう あの時撮った写真も古くなって このTシャツの襟も柔らかくなって 何もかもが楽しくて切ない昔話みたいになって 今日も「話そうよ」って言ってくる あなたの唇触ってみたいけど 笑ってそしらぬ顔して見ていた 言いたいことが言えなくても あなたの言葉に頷くだけで嬉しかったの その唇は今夜もあの子に触れる 明日が来ないなんて 思った事が無かった いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね これはあなたの歌 嫌なあなたの歌 誰かが鼻歌であの雲の向こうまで 笑い飛ばしてくれますように 汗とか何だか解らない辛いものを 暑いって理由で全部流してしまおう 濡れた髪の毛を握った もうあなたに触ってもらえないんだな この電池切れても ずっと点滅したままきっと止まってはくれないし 薄暗い冷たい廊下を歩くと 冷たい床が足下から悲しくする また同じ事ばかりを考えては 風が吹いた春が胸をついた夏が 行ったり来たりして痛くて苦しくなるんだよ これはあなたの歌 嫌なあなたの歌 いつか遠い遠いあたしも知らないあたしを もう一度包んでくれますように あなたの唇触ってみたいけど 笑ってそしらぬ顔して見ていた 言いたいことが言えなくても あなたの言葉に頷くだけで嬉しかったの その唇は今夜もあの子に触れる 明日が来ないなんて 思った事が無かった いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね これはあなたの歌 好きなあなたの歌 誰かが鼻歌であの雲の向こうまで 笑い飛ばしてくれますように 笑い飛ばしてくれますように
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る