歌詞 青春時計 NGT48

作詞
秋元康
作曲
大河原昇
春の制服 スカート揺らしガードレールをぴょんと跳んで 君は全力走って行くよ 風は後(あと)から追いかけて行くよ どうしてこんなに眩(まぶ)しいんだろう? どうしてこんなに切ないんだろう? 僕はきっと恋をしている 桜舞う 日差しの通学路 遠くでいい 何(なん)にも始まらなくていい(片想いは僕のもの) 声かけず一瞬だけ (一瞬だけ) 君と会いたいんだ (アオゾラノシタ) チックタック チックタック 知らぬ間に時計は刻んでる 輝きながら過ぎてく日々 いつかこの日を思うのだろうか? ああ 今叫びたくなる 感情こそが青春 赤で止まった横断歩道 体丸めて膝に手をつき 息を弾ませ空を見上げて汗の滴(しずく)をそっと拭った 青になったらまた飛び出してポニーテールがジグザグ揺れる 僕はずっと想い続ける 桜の木 花びら散ろうとも… 後ろでいい こっちを振り向かなくていい (そのすべては夢の中) 気づかれず永遠に (永遠に) 僕は見守りたい(クモヒトツナイ) チックタック チックタック ときめきの時計が錆びるまで ホントの願い隠したこといつかどこかで悔いるのだろうか ああ なぜ 胸が苦しい自問自答が青春 いつだって(いつだって) この角で(この角で) 偶然 装(よそお)い すれ違う 名も知らぬ(名も知らぬ) 憧れの(憧れの) 君と一緒に僕も走る チックタック チックタック 知らぬ間に時計は刻んでる 輝きながら過ぎてく日々いつかこの日を思うのだろうか? ああ 今叫びたくなる感情こそが青春 チックタック チックタック 針のない時計は止まらない こんなに好きになっちゃうなんて僕も今日まで想像しなかった ああ でも何もできない思い出こそが青春 春の制服 スカート揺らし ガードレールをぴょんと跳んで 君は全力走って行くよ 風は後(あと)から追いかけて行くよ どうしてこんなに眩(まぶ)しいんだろう? どうしてこんなに切ないんだろう? 振り返ったら青春
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る