歌詞 crosswise T.M.Revolution

作詞
Akio Inoue
作曲
Daisuke Asakura
咲かせた紅い吐息を盃に 注ぎ飲み乾す その先の華に酔う 誰もに灼き付く夢の屍は 二度と下がるつもりのない熱のよう 駆り立てて焦れ合えば痛みもない 明日だけが この胸を騒がせる 想(おもい)が瞬(しゅん)を駆け抜けて 紅蓮の碑を描く 研ぎ澄まされた生命だけ その眸(め)に潜ませて 時空(とき)の露に消える 火花を散らす 鼓動の銀(しろがね)は 変わり続ける 目映さに覚めやらず 逃げるのも 背くのも 否(いや)だと云う 饒舌な危機感につまされて 孤独が愛が天を射し 蒼穹の風 誘う 感じて魅せて 瀬戸際の魂のざわめきを 想(おもい)が瞬(しゅん)を駆け抜けて 紅蓮の碑を描く 研ぎ澄まされた生命だけ その眸(め)に潜ませて 孤独が愛が天を射し 蒼穹の風 誘う 感じて 魅せて 瀬戸際の魂のざわめきを 時空(とき)の露に消える
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る