歌詞 罪の国 warbear

作詞
Yuuki Ozaki
作曲
Yuuki Ozaki
国王の手が肩に触れ 許される日を ここで待っている 冷たい牢屋 唸る影 かわいた喉を鳴らし 答えを言う“それは絶望” 君はどうしている? 手紙を書こう 許しを乞うため だんだんと 時は流れ 言葉だけが 自由 “矢を放て!”火のつく矢じりは この足元の涙で くすぶって それからみんな 興味を失くし かわいた喉を鳴らし 腹の石の重みを感じ 井戸へと向かう 手紙が落ちている 許しを乞う手紙が だんだんと 時は流れ 身体さえも 自由 花吹雪の中を 騎士達が帰還する “おお我が同胞たちよ!” 駆け寄る女達の中 君がいるのをみた 花束を持ち 俺を忘れ 罪すら 俺を忘れ 俺すら 俺を忘れて
warbear
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る