歌詞 空に唄えば 175R

作詞
SHOGO
作曲
SHOGO
空を見上げて雲を見つめる 過ぎ去りし時の空雲の行方は 青い桜の花は散らない 小さなこの両手で夢を掴もうとしてた 友の声は遥か遠くに 僕の心の中で絶えずに響いて ・・・ 朝が来るまで語り明かした 僕らが夢見ていた約束の街 何も怖いモノなんてなかった 目に映る全てが希望に見えた 道に迷い笑いあって目の前の光 探し続けた 友の声よ遥か遠くに 僕の心の中で絶えずに響いて ・・・ あの日の僕等はそこに立っていて 何も言わずにこっちを見ている あの日の夢は今も僕の事を縛りつけて 何も変わらずずっと流れてる 愛しき人よ空に歌った 僕らの声は今でも絶えずに響いて ・・・ あの日の僕等はそこに立っていて 何も言わずにこっちを見ている 遠くを見るような目で僕の事を睨みつけて 何も言わずにじっと見つめてる 僕らが過ごしたあの日々は 何も変わらずあの日のまま 明日へ繋がるこの道に 大きな足跡残してやれ あの日の僕等はそこに立っていて 何も言わずにこっちを見ている あの日の夢は今も僕の事を縛りつけて 何も変わらずずっと流れてる 形じゃなくて言葉じゃなくて この胸の高なりよ届け 僕の想いよ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る