歌詞 風のなかのプリムローズ Ceui

作詞
Ceui
作曲
小高光太郎・Ceui
教室の窓辺で眺める優しい夕暮れの空 振り向けば君が笑顔でこっちを見てた 一緒に帰ろう いつもの遠回りをしながら まだ少し届かない指先がただ切なくて あの日君と巡り逢えたから たくさんの夢を見つけたんだ 泣きたい時でもいつもそばにいてくれて どうもありがとう ノートに書いた秘密のページはずっと言えずにいた言葉 今風のなかそっとささやくよ ねぇ聞いて 君が「大好きだよ。」 あぁ このまま魔法みたいに時が止まればいいのにな… ごまかして見上げた空は星が瞬き始めてた この坂道上ればまた明日の別れ道 突然君の影が揺らめいて肩を抱き寄せた たった一人の大切な君に消えないぬくもりをとどけたい 恋しさ溢れるほどに素直になれなくて 本当、ごめんね この胸に咲いた恋の季節はきっと特別な宝物 今花のようにそっと奏でよう ねぇ 始まる永久の物語を 一秒一秒、過ぎゆくこの瞬間を 全部、全部、忘れたくないの 君がくれた勇気がほら輝いてる いつか旅立つその日が来ても 変わらないよ いとしいよ…sweet my primrose… あの日君と巡り逢えたから たくさんの夢を見つけたんだ 泣きたい時でもいつもそばにいてくれて どうもありがとう ノートに書いた秘密のページはずっと色褪せない言葉 今風のなかそっと満ちてるよ ねぇ聞いて 君が「大好きだよ。」
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る