歌詞 Folklore クラムボン

作詞
310
作曲
310
強い台風の去ってった夜に 高いビルの上から街を眺めてた 風はまだすこし移り気で去り際のタイミングを つかみ損ねてる 隣の住宅のネオンが陽炎のように揺らいでた こんな景色見たことがない 見慣れていたのに 何かが変わってゆくようなそんな気がしたあと少しで 何事もなく消えてゆく 6月6号 あと少しで あと少しで 最終電車の低いアナウンスが いつもよりも透き通って聞こえてる このままではまたいつものように ずっと空をぼんやり眺めるだけ すこし瞼重くなってゆっくりと目を閉じてみる 遠くで君の声がした そろそろ行かなきゃ 気圧の谷を飛び越えた そんな気がしたあと少しで 気持ちがすっと軽くなる そんな気分さ あと少しで あと少しで 何かが変わってゆくような そんな気がしたあと少しで 何事もなく消えてゆく 6月6号 あと少しで 時計の針が2時を指す 気がつけばもうあと少しで 気持ちがすっと軽くなる そんな気分さ あと少しで あと少しで 強い台風の去ってった夜に高いビルの上から街を眺めてた 僕はまだすこし移り気で去り際のタイミングをつかみ損ねてる ラララ ・・・・・
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る