歌詞 wild flowers RAMAR

作詞
酒井悠介
作曲
丸山哲央
急に泣き出した空に声を上げはしゃぐ無垢な子供達 慌てふためく大人をよそに遠い瞳で虹の橋描いてる 「いつか渡れたらいいな」水色の夢ポッケに詰め込んで 心の地図広げて未だ見ぬ世界へ君もまた巣立ってゆく ここから始めようすべてを穴だらけの傘なら捨てて 一つ一つの真実を受け止めて たとえ人より歩み遅くても足枷されても 押し迫る世紀末を超えて僕達はゆく 力強く旗を掲げながら 遥かなる歴史に名を馳せた英雄みたいに誇り高く 信じること誰かに伝えたいこの唄に乗せて 雨上がりの夕暮れ薫るアスファルトにくすぐる思い出 しなだれた花片がまた息吹くように無邪気さが胸に還る 水溜まりに歪む哀れな男が君には見えるかい? 昨日の自分詰って重い鞄背負って今日もまた歩いてゆく いつでも心を満たすのは空の青さと風の声 一つ一つの想いをつないで たとえどんなに明日が遠くても霞んでみえても 押し迫る世紀末を超えて僕達はゆく 力強く旗を掲げながら 遥かなる歴史に名を馳せた英雄みたいに誇り高く 信じること誰かに伝えたいこの唄に乗せて やがては君も知るだろう人生は映画みたいに甘くはない 厳しいものと覚悟して腹括って 信頼寄せられる友ならば生涯に一人、二人出会えりゃ幸せ この地球上の何処かで君を必要とする者が待ってる ちょっとぐらい汚れたって構いやしない その涙に嘘はないだろう 降りかかる悲しみさえも全部引き連れて 上を向いて確かに光り感じてゆこう 惜しまれる20世紀を 押し迫る世紀末超え闇を超えて僕達はゆく 力強く旗を掲げながら 今、来たる21世紀に名を馳せろ!英雄みたいに誇り高く 信じること誰かに伝えたいこの唄に乗せて
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る