歌詞 ぎこちない通学電車 NGT48

作詞
秋元康
作曲
梅田敦史
駅のプラットホーム 電車が近づく 運転席の窓がキラリ反射した 冬の重たい空気をかき分けて進むように 君と一緒に朝がやっ来たて いつも同じ顔ぶれの乗客の中に定位置の君を確認して わざと少し離れ ため息つい た 僕はそれでもしあわせに思えた だけど目と目合ってもリアクション困ってしまう ふいに胸がキュンとして目を逸らすしかない 心を見透かされる なんてぎこちないんだろう なんて不器用なんだろう 僕はドアにおでこをつけ 凄いスピードで過ぎる街をぼんやり眺めてた なんてぎこちないんだろう 自分でも気づいているよ そっと遠くから好きでいる いつの日にか卒業するまでぎこちない通学電車 ある日君が定位置にいない日があって僕は心配をしてしまった 真っ暗なトンネル入ったよう で この世界から輝きが消えたよ 腕にギブスしているその姿見た時に 居ても立ってもいられず「どうしたんですか?」って 思わず聞いたんだ なんて大胆なんだろう なんて勇気あったんだろう 君はもちろん驚いてた だけど自転車で転んだこと教えてくれたよね なんて大胆なんだろう 僕だって想定外だ 名前 知らぬまま好きでいた 振り返ってドキドキして来る大胆な通学電車 なんてぎこちないんだろう なんて不器用なんだろう 僕はドアにおでこをつけ 凄いスピードで過ぎる街をぼんやり眺めてた なんてぎこちないんだろう 自分でも気づいているよ そっと 遠くから好きでいる いつの日にか卒業するまでぎこちない通学電車
NGT48
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る