歌詞 夏服 Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
もっと緩やかに季節が過ぎていってるのかと思ってた 思った以上に静かにこんなに早く夏がくる 思いやった嘘をつけるあなたに 心の底からあたし臆病になってしまってた 忘れてく思い出は 計り知れない 愛してた想いは あなたよりも深い お願いあたしより先に その夏服を着ないで 冬の切なさ引きずったまま あたしはそっちに行けない あたしはここに立ったまま 忘れてく思い出は 計り知れない 愛してた想いは あなたよりも深い お願いあたしより先に その夏服を着ないで 冬の切なさ引きずったまま あたしはそっちに行けない あたしはここに立ったまま
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る