歌詞 ring Janne Da Arc

作詞
ka-yu
作曲
ka-yuonyasu
まばゆい光差しこむ部屋の片隅で笑ってる 写真の二人 今はいない ふと見上げた空は青くすきとおっているのに 僕の心晴れなくて 素直になれなかった二人のすれ違いが きっと失くしたもの 二度と元に 戻らないことわかっていたけど 銀のリング捨てた細い指で 君は誰に触れるの? 甘い過去の時間さえも 今は胸をしめつけ せめて僕の思いだけは どうか君に届いて 壊れそうな心抱いて 強く空に願うよ 景色に君の幻が見えた 一人きりに慣れたと言い聞かせていたはずが 心 嘘はつけなくて まぶしすぎたあの日々 淋しさ募らせていく だけど捨てられない輝く時 たとえ今 歩き出せたとしても 銀のリング消えた僕の指は 何をつかめばいいの? 同じ夢を見てた頃は 知っていたはずなのに 移り変わる次の季節 少し心委ねて きっと上手く風に乗せて 永遠に君を思うよ 甘い過去の時間さえも 今は胸をしめつけ せめて僕の思いだけは どうか君に届いて 壊れそうな心抱いて 強く空に願うよ
ring の人気パート
歌ってみた 弾いてみた