歌詞 believe Kalafina

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
まだ何も知らない二人だった 左手で儚く 虚無を弄った 僅かな葛藤が 君の手を縛って 未来の姿を欺く 守ることさえ 知らないけど 偽りの理想(おもい)でも構わない 生きてみたい自分を 巡り来る 時の中で出会った 君といた僕を信じている この夢が優しく果てるまで 切り開け蒼い日々を fight your fate 静かな夜に そっと灯した 言葉だった 冷たい雨のように落ちる 白い月の光の中で 信じること だけを信じ た 眩しいほど強く 夜を照らす光だった 思いを繋ぐよ まだ僕は知らない 哀しみが運命(さだめ)の果てに描く 虚無の姿を 願いの残像が ノイズのように降って 古びた思いも見え ない それでも君が笑ったから どうしても捨てられない未来 生きてゆこう自分を 過ぎて行く時の中で出会った 変わりゆく僕を信じている この夢が果てるその先まで 切り開け蒼い日々を fight your fate
believe の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る